酵素を使っていない偽物の酵素ドリンクがある!その見分け方とは

酵素ドリンクですが、どれも酵素が入っていると思っていたら大間違いです。

 

実は、中には偽物があることも発覚しています。

 

酵素の効果が得られると思ったのに、全く得られなかった、といったことになってしまわないように、良い酵素ドリンクとダメな酵素ドリンクの見分け方を把握しておきましょう。

 

 

■原材料の表示を確認すること!

 

・「酵素エキス(各種材料名)」と記載のあるものはダメ!

 

酵素エキス(各種材料名)と記載されているものに関しては、酵素ドリンク自体が発酵されているものではありません。

 

要は酵素のエキスだけを含んでいるにすぎないのです。

 

酵素のエキスが大量に含まれていれば、酵素の効果を得ることが出来るかもしれません。

 

しかし、酵素のエキスが何%含まれているのかの記載はされていません。

 

中には、3%や4%しか含んでいないのに酵素ドリンク、と名乗っているものもあるほどです。

 

そんな酵素ドリンクを飲んだからといって効果が得られるわけがありませんよね。

 

 

・「糖液」と記載しているものはダメ!

 

「〜〜糖液」と記載があるものですが、要は酵素のエキスをさらに糖液で薄めてしまったものなのです。

 

せっかくの酵素エキスが薄まっている状態なので、ほとんど酵素らしい酵素が摂取でいないシロモノです。

 

中には、10倍や20倍、更にはそれ以上薄めている可能性もあります。

 

ダイエットや美容のために飲んでいたとしても、それほど薄められてしまえば酵素の効果が得られない、といった状況になりかねません。

 

 

■添加物が入っているものは利用しないこと

 

・保存料
・安定剤
・香料
・着色料

 

上記のような添加物が含まれている酵素ドリンクは実際の多いです。

 

味や臭いなどがきついタイプの酵素ドリンクもあるのです。

 

それらを薄めるために、臭いをつけてカモフラージュしているものも少なくありません。

 

添加物は酵素どうこうといった問題ではありません。

 

身体に大きな負担をもたらしてしまう可能性もあります。

 

アレルギーの発症しやすい体質になってしまうこともあるので、危険性があるのです。

 

保存料や安定剤といった物自体は、基本的に酵素ドリンクには不必要なものです。

 

元々発酵ドリンクなので長期間保存できます。

 

お酒と同じような感覚です。

 

常温のところに保存しておいても、1年間や2年間は品質を維持できるシロモノなのです。

 

であるにもかかわらず、それらの添加物を利用しているということは・・・。

 

本物の酵素ドリンクではないかもしれませんよね。



酵素ドリンクランキング人気の実際の使用レビュー@写真付き↓↓