酵素ドリンクダイエットで軟便・下痢になる理由と対処法

酵素ドリンクダイエットを実施すると、何故か軟便になってしまう、下痢になってしまう、といった声が多く見受けられるのです。

 

なぜそのような状態になってしまうのでしょうか。

 

こちらでは、酵素ドリンクとお腹の負傷の関係性に迫ります。

 

酵素ドリンクダイエットを始めたら、軟便や下痢の症状がでてしまった、といった方は必見です。

 

 

■好転反応の可能性あり

 

・一時的な症状である

 

酵素ドリンクは本来長の働きを良くしてくれる作用のあるものです。

 

しかし、最初に作用が強すぎることで、一旦腸の働きが急激に変わることになります。

 

その結果、便に悪い影響が出てしまうことがあります。

 

それを好転反応と呼んでいるのです。

 

このような一時的な症状に関しては、ずっと悪い影響が続くわけではありません。

 

基本的に、1週間から2週間位でその症状が落ちつくはずです。

 

激しい下痢や軟便でなかった場合には少し続けてみてください。

 

症状が出なくなれば全く問題ありません。

 

仮に、1週間や2週間たっても同じような状況が続いてしますようであれば、その酵素ドリンクはあなたと相性が悪いかもしれません。

 

利用はストップしてください。

 

そもそも、酵素ドリンクは非常に多くの野草や野菜などを含んでいます。

 

それらの中でもしかしたら、あなたと相性が悪いものが含まれているかもしれないのです。

 

ちなみに、酵素ドリンクの種類を変えたことで、軟便や下痢が出なくなった、といったケースも報告されています。

 

 

■1日限定で軟便や下痢になることもある

 

・腸の働きが活性化しただけ

 

便秘の方にありがちなのですが、普段は腸の働きが非常に脆弱です。

 

腸の動きが殆ど起こらずに、便が腸内に溜まり続けているのです。

 

しかし、酵素ドリンクを摂取することで、その状況が一気に変化していくことになるのです。

 

今まで腸内の働きが弱っていたのですが、酵素の働きによって急に腸が働き始めてしまいます。

 

蠕動運動が過剰になってしまい、便として完全な形になる前に送り出してしまう、といった事もありえるのです。

 

このケースは、1日程度で症状が収まります。

 

長かったとしても、2日から3日程度で落ち着くはずです。

 

健康被害的なものはほとんどありません。

 

良い効果が出ている前兆、と捉える事もできます。

 

 

■元々軟便な方にも酵素ドリンクはおすすめできる

 

・イソマルオリゴ糖が入っている酵素ドリンクがおすすめ

 

イソマルオリゴ糖は、オリゴ糖の一種であり善玉菌を増やして軟便を防ぐ機能を有しています。

 

元々軟便な方にも有効活用してもらえるのが酵素ドリンクなのです。



酵素ドリンクランキング人気の実際の使用レビュー@写真付き↓↓