酵素ドリンクとグリーンスムージーの効果の違いとは?

酵素ドリンクとグリーンスムージーを同じものとして捉えているケースが少なくありません。

 

しかし、実際には酵素ドリンクとグリーンスムージーは同じものではないのです。

 

同じような原材料を使っているように見えるかも知れませんが、ちょっとした違いがあるんですよ。

 

こちらでは、酵素ドリンクとグリーンスムージーには、どのような違いがあるのか、といったことを明らかにします。

 

どちらを利用しようか頭を悩ませていた方は要チェックです。

 

 

■発酵しているものと発酵していないもの

 

・酵素ドリンク・・・発酵させたもの
・グリーンスムージー・・・発酵させていないもの

 

 

発酵させることで実は大きな違いが2つ程度生まれてきます。

 

まず一つ目は味わいです。

 

発酵している酵素ドリンクは酸っぱい香りがしてしまい、苦手な方は非常に多いのです。

 

中には、飲めない、といった方もいます。

 

他のドリンクで割って、ようやく飲めるようになった、といった感想を述べている方も少なくありません。

 

グリーンスムージーに関しては、発酵していないのでどちらかと言うと味わいがすっきりとしています。

 

また、果物なども含まれているので、飲みやすさだけでなく美味しさといったものも感じやすいほどです。

 

二つ目には栄養素があります。

 

酵素ドリンクは発酵しているので栄養価が通常よりも高まっています。

 

あまり知られていないことかもしれませんが、実は発酵させることで栄養価が高まる、といった特徴が酵素ドリンクにはあるのです。

 

たくさんの栄養素を効率的に摂取できるメリットが酵素ドリンクにはあります。

 

グリーンスムージーも野菜や果物などの栄養はたっぷりと含まれていますが、発酵はされていないので原材料そのまま、といった状態になります。

 

 

■価格の違いあり

 

・酵素ドリンク・・・高め
・グリーンスムージー・・・安い

 

酵素ドリンクに関しては、700ミリリットルで5,000円や6,000円してしまうものです。

 

しかも、その700ミリリットルは1ヶ月分ではありません。

 

2週間分程度であることも少なくありません。

 

1日あたりのコストパフォーマンスにすると、かなり高いことが分かりますよね。

 

継続的に続けるには勇気のいるお値段です。

 

グリーンスムージーに関しては、粉末タイプであれば、月あたり2,000もあれば購入できるものもあります。

 

なぜそれだけ価格に差があるのでしょうか。

 

それは製造工程にあります。

 

酵素ドリンクは発酵させなければならないので、手間がかかるのでどうしてもコストに上乗せされてしまうのです。



酵素ドリンクランキング人気の実際の使用レビュー@写真付き↓↓