この腹痛は好転反応?酵素ドリンクに副作用ってないの?

酵素ドリンクには腹痛を起こしてしまうようなこともあります。

 

好転反応とも呼ばれるものですが、知っておかなければ何かしらの副作用が出たのでは、といったことで怖くなってしまいますよね。

 

こちらでは、酵素ドリンクの副作用について徹底解説します。

 

酵素ドリンクを飲むことに不安感を持っている方は必見です。

 

 

■酵素ドリンクの好転反応について

 

・頭痛
・便秘
・下痢
・フラつき
・眠気
・だるさ

 

上記のような作用が、酵素ドリンクを飲むことによって現れる可能性があります。

 

それらについては、好転反応と呼ばれるもので副作用とは少し違います。

 

酵素ドリンクを体内に入れることによって、体質に大きな変化が現れてしまうことがあります。

 

体質に大きな変化が現れるということは、それだけ身体にも大きな負担が出てしまうのです。

 

その結果、紹介したような症状が出てしまいます。

 

 

・好転反応はどれくらいで落ち着くのか?

 

早ければ2日から3日で症状が落ち着くので、それほど長期化するわけではありません。

 

殆どの方が1週間程度で元通りの体調になります。

 

 

・好転反応のメカニズム

 

酵素が体内に入ることにより、体内の毒素や老廃物が一気に排出されることになります。

 

その一貫で起こるもの、と考えられています。

 

まだ好転反応に関しては深い研究がされていないので、わからない部分もあるのですが、酵素にはデトックス効果もあるので、その効果が強く出ることで好転反応が出る、といまのところ考えられているのです。

 

 

■酵素ドリンクで便秘や下痢に|薬を飲んでも良いの?

 

・薬は飲まないように

 

酵素ドリンクで便秘になったからといって、便秘薬を飲んでしまうと、腸内の善玉金まで排出してしまう可能性があります。

 

便秘に関しては、一時的なものなのでしばらくすればお通じが戻ります。

 

辛いと思いますが、便秘薬では対処しないでください。

 

腸内環境が改善する一歩手前な状態、と思いましょう。

 

酵素ドリンクで下痢が出た場合ですが、下痢止めを飲んでしまうのもあまり良くありません。

 

下痢になってしまう理由として考えられるのが、老廃物の排出です。

 

腸内にいらないものがたくさん入っていると、それを押し流そう、とする酵素の働きが出てくるのです。

 

その結果、下痢になるのです。

 

下痢止めを利用してしまうと、そのデトックス作用を抑えこむことになります。

 

酵素ドリンクの働きを押さえつけることになってしまうので注意してください。



酵素ドリンクランキング人気の実際の使用レビュー@写真付き↓↓