酵素ドリンクと酵素サプリのメリット・デメリットを比較

 

巷で噂になっている「酵素」のパワーを利用した酵素ドリンクやサプリメント。

 

酵素ドリンクにも酵素サプリメントにも本当にたくさんの種類がありますが、

 

それぞれ何が違うのでしょうか?

 

ここでは、酵素ドリンクと酵素サプリメントのメリットやデメリットをそれぞれ見ていきましょう。

 

 

 

■酵素ドリンク

 

 

〜メリット〜

 

なんといってもファスティング(断食)ダイエットができるということです。

 

他のダイエット方法よりも比較的気軽に取り組むことができますし、

 

断食とは言っても2〜3日の短期間集中型であるため多くの成功者がいます。

 

サプリメントでは補えない栄養量・酵素量がありますし、ファスティングダイエットに

 

向いているほどの満足感を少量の酵素ドリンクで得ることができます。

 

 

〜デメリット〜

 

飲む酵素ドリンクによって、人によっては「飲みにくい」と感じることです。

 

酵素ドリンクは香りや味も独特ですし、フルーツが多めのフルーティーなタイプだと

 

比較的飲みやすいのですが、すべてがそういったタイプではありません。

 

中には「○○味」となっているものもありますので、自分にとって飲みやすい

 

酵素ドリンクを見つけなければ継続しにくいと言えます。

 

また、サプリメントに比べるとやはり持ち運びが不便。

 

酵素ドリンクのほとんどはボトル・瓶タイプの商品ですのであまり持ち歩きには向いていません。

 

 

 

■酵素サプリメント

 

 

〜メリット〜

 

簡単に持ち運びができるということがまず挙げられます。

 

携帯用として、オフィスでもどこでもすぐに服用することができますし、

 

手軽に栄養補給をすることが可能です。

 

また、サプリメントの場合はカプセルに酵素成分を閉じ込めてあるために

 

「あの酵素ドリンクの独特の味が苦手…」という方でも飲みやすいということも大きなメリットです。

 

香りが気になることもありませんから、続けやすいということになります。

 

 

〜デメリット〜

 

酵素ドリンクの場合にはやはりファスティングダイエットをしやすいのですが、

 

サプリメントの場合だとそうはいきません。

 

ドリンクであれば水分とともに摂取してある程度の満腹感を得ることができますが、

 

サプリメントの場合にはやはり栄養分や酵素の量などがどうしても劣ってしまいます。

 

ですから、サプリメントを飲んだあとにいくら水分を摂っても

 

満足感を得にくいというデメリットがあります。

 

サプリメントはあくまで「ダイエット目的」ではなく

 

「栄養補給(健康)目的」として利用する方が良いでしょう。

 

 

 

 

このように、それぞれにメリット・デメリットがありますが、うまく酵素ドリンクと

 

酵素サプリメントでは目的別に使い分けるという方法をとると良いでしょう。

 

ダイエットならば酵素ドリンクでファスティングを、健康目的なら酵素サプリメントで

 

毎日の栄養補給を…というふうに試してみてはいかかでしょう。



酵素ドリンクランキング人気の実際の使用レビュー@写真付き↓↓