消化酵素の扱い方で成功率アップ|酵素の働きを理解する

 

一口に「酵素」とは言っても、本当は数え切れないほどの種類があります。

 

その中でも私たちの体で最も関わりが大きいと言っても過言ではないのが、消化酵素です。

 

消化酵素、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

この消化酵素ですが、ただ食べ物を消化する酵素のこと…

 

としかイメージできないのではないでしょうか?

 

ここでは、消化酵素が体の中や外でいったいどんな働きをしてくれるのかを見ていきます。

 

 

 

まず、消化酵素というのはその名の通り消化のために使われる酵素のことをいいます。

 

この消化酵素にもいろいろな種類があって、

 

それぞれ炭水化物を消化(分解)する働きを持った酵素や、

 

脂肪を消化(分解)してくれる酵素など、その働きによって種類が分けられます。

 

体の中でいろいろな栄養分を分解・消化するためだけでなく、

 

消化酵素はなんと洗剤や薬といったものにまで利用されているんですよ。

 

 

 

さて、よく聞く消化酵素をご紹介していきましょう。

 

まず食べたものは口の中で唾液によって、大ざっぱではありますが分解されていきます。

 

この唾液にも消化酵素・アミラーゼが含まれています。

 

アミラーゼは、でんぷんをブドウ糖やオリゴ糖へと変える酵素です。

 

アミラーゼはただ単に消化・分解するためだけの酵素ではなく、

 

たとえばみなさんが胃もたれや胸焼けをしたときに服用する胃腸薬としても利用されています。

 

 

 

次に、胃液や膵液などたんぱく質を分解・消化する酵素をまとめてプロテアーゼといいます。

 

プロテアーゼは本当にたくさんの種類があって、たとえば納豆菌のナットウキナーゼや、

 

パイナップルを食べ過ぎると舌がしびれてしまいますが、

 

このしびれを起こしてしまうのも消化酵素のプロテアーゼです。

 

また、お肉を柔らかくしてくれる効果のあるプロテアーゼもあり、これはパパイヤに多く含まれています。

 

消化酵素はこのように私たちの体の中にはもちろん、植物など自然の中にもたくさん含まれていますし、

 

その働きを薬や食べ物をおいしく食べる際に利用してきました。

 

 

 

このほかにも、先で軽く触れましたが、消化酵素は洗剤にもよく利用されています。

 

衣服についてなかなか取れないたんぱく質や脂肪を、消化酵素の力で

 

きれいに落とせるように含まれているんです。

 

よく洗剤のCMやパッケージに「酵素の力」というキャッチフレーズがありますが、

 

これは消化酵素の力を利用したものだったんですね。

 

このように、消化酵素はただ単に私たちの体の中で働くだけでなく、

 

外の世界でも日々そのパワーを利用されているものだったということなんです。



酵素ドリンクランキング人気の実際の使用レビュー@写真付き↓↓