お湯割りで酵素ドリンクの効果は消えないのか?

酵素ドリンクを飲むときには、何かしらで割ることになります。

 

水で割る人もいれば、炭酸水で割る人もいます。

 

野菜ジュースで酵素ドリンクを割る人もいれば、フルーツジュースで割る人もいるのです。

 

こちらではお湯を使って酵素ドリンクを割っている方に対して、その飲み方が正しいのかについて論述させてもらいます。

 

■酵素ドリンクの飲み方としてお湯割りは適当ではない

 

・温度が上がると酵素が減ってしまう

 

酵素ドリンクは、体内に酵素を取り込むために飲むものです。

 

仮に割り方によって、酵素が減ってしまうようなことがあれば、飲んだ意味もなくなってしまいます。

 

お湯で割るということは、酵素ドリンクの温度を上昇させてしまいます。

 

実はそれが酵素ドリンクにはよくないのです。

 

温度が上昇してしまうと、酵素が破壊されてしまい、飲んだとしても思ったよりも体内に吸収されません。

 

・何度以上になると酵素が破壊されてしまうのか?

 

50度を超えると危険です。

 

50度以下に抑えられるのであれば、飲んでも構いません。

 

ぬるま湯といった感じで飲めば大丈夫です。

 

温度については微妙なところもあるので、確かめてから割ったほうが良いです。

 

・お湯割りにすると味にも変化が出てくる可能性あり

 

酵素ドリンクの味が嫌い、といった方は思ったよりも多いです。

 

ドロドロとしていますし、独特の味わいがしますよね。

 

その影響を薄めるために水などを加えて飲む、といったことをしている方もいるのですが、お湯で割ると酵素ドリンクの味わいが強調されます。

 

特に独特の香りが強く出てしまうのです。お湯割りにした途端飲めなくなってしまう方もいるので十分に気をつけてくださいね。

 

■酵素ドリンクをお湯割りで飲むメリットはあるのか?

 

・体を冷やさないで済む

 

酵素ドリンクを冷たいドリンクで割ってしまうと、胃腸を冷やしてしまいます。

 

胃腸が冷えてしまうと、冷え性が発症してしまうこともあるのです。

 

冷え性はダイエットの大敵です。

 

基礎代謝量も少なくなってしまいますし、体内にエネルギー(脂肪)を蓄えやすくなってしまうのです。

 

酵素ドリンクをお湯割りで飲むデメリットをいくつか上げてきましたが、アチャ高い状態で飲めば胃腸の機能は向上します。

身体も暖かくなり、ダイエットが成功しやすくなる、といったメリットも有るのです。

 

酵素が壊れてしまうので熱湯は良くないにしても、一度温めた水を常温くらいになるのを待ってから割って飲む、といった方法で割るのがお勧めですよ。



酵素ドリンクランキング人気の実際の使用レビュー@写真付き↓↓