酵素ドリンクの選び方〜非加熱タイプはおすすめなのか〜

酵素ドリンクを選ぶときに多くの方が頭を悩ませるのが、加熱タイプと非加熱タイプです。

 

加熱タイプは菌の繁殖が抑えられていそうで、安全な印象があります。

 

しかし、加熱タイプだと肝心の酵素にも大きな影響が与えられてしまっているようにも感じます。

 

こちらでは実際に酵素ドリンクは加熱処理されたタイプがおすすめなのか、非加熱タイプがおすすめなのかを詳しく解説します。

 

■酵素ドリンクは非加熱タイプを選ぼう

 

・加熱してしまうと酵素が死滅してしまうこともある

 

酵素ドリンクを飲む目的は酵素を摂取するためです。

 

しかし、酵素は熱に弱いといった性質を持っています。

 

実際に加熱処理をされてしまうと、酵素が大きな影響を受けてしまうのでよくありません。

 

酵素ドリンクは必ず非加熱タイプを選択してください。

 

非加熱タイプの商品は、パッケージや商品説明などにしっかりと記載されているケースが多いです。

 

「非加熱」の文字を探してくださいね。

 

酵素ドリンクを飲むのだから、酵素をより効率的に摂取できるものを利用しましょう。

 

■非加熱タイプの酵素ドリンクの安全性には問題はないのか?

 

・発酵食品なので思ったよりも長持ちする

 

発酵食品にはいろいろありますが、飲み物としてはお酒も発酵させたものですよね。

 

お酒についても、かなり長期間に渡り飲めるものです。

 

加熱処理していないからといって、消費期限がすぐに来てしまうわけではありません。

 

商品にもよりますが、基本的には製造から1年程度は飲めるものとなっています。

 

ただ、開封してからは早く飲みきってください。

 

空気に触れると酸化が始まってしまい、酵素ドリンクも劣化してしまうのです

 

■非加熱タイプの酵素ドリンクの保管方法

 

・紫外線に当てない
・涼しいところに置く

 

冷暗所といったところに保管するのがお勧めです。

 

冷蔵庫に入れておけばよいのか、と思う方もいるかもしれません。

 

それもひとつの方法になりますが、デメリットが有るのです。

酵素ドリンクは常温で飲むのが肝心です。

 

冷えたものを飲むと、胃や腸を冷やしてしまい、身体の機能を低下させてしまうのです。

 

だからこそ、冷蔵庫以外の冷暗所で保管してくださいね。

 

湿気についてもあまりない方が良いです。時々風通しをよくする、といった対策もお勧めです。

 

 

■製造会社の情報をチェック

 

・酵素ドリンクのホームページをチェック

 

製造会社のページには、酵素ドリンクの製造過程が掲載されていることもあります。

 

そちらをチェックしてください。

 

実際に加熱処理、非加熱処理についても記載されているはずです。

 

衛生状態の取り組みなども把握してくださいね。



酵素ドリンクランキング人気の実際の使用レビュー@写真付き↓↓