酵素ドリンクの特徴〜海外と国内の原材の違いとは〜

酵素ドリンクの選び方として、一つ注目して欲しいのが原材料の産地になります。

 

国内タイプがお勧めなのか、それとも海外タイプがおすすめなのか、といったことを考えなければなりません。

 

こちらでは、実際に国内の原材料を使っている酵素ドリンクと海外の原材料を使っている酵素ドリンクの違いをメリットとデメリットから洗い出します。

 

■国内産の原材料を使っている酵素ドリンクのメリットとデメリット

 

・安全性の高さが最大のメリット

 

国内で生産されているので、強い農薬を使っていない可能性が圧倒的に高くなります。

 

中には、原材料の生産方法にかなり凝っている酵素ドリンクもあります。

 

その場合には、無農薬や低農薬栽培を行っているケースが多いです。

 

農薬については今は平気でも、将来的に身体に負担が出てくる可能性も指摘されています。

 

できるだけ使っていないものを選択しましょう。

 

新鮮な原材料を使っている点にも注目です。

 

収穫されてから比較的早い段階で、酵素ドリンクの栽培に回されます。

 

収穫されてから時間がたってしまうと、劣化してしまう可能性だって少なくありません。

 

栄養素の高い状態のまま製造されることになるので、飲んだ時の効果が高くなる可能性だってあるのです。

 

・値段が高いのが最大のデメリット

 

国内で生産された野菜や果物はどうしても高額になります。

 

作るのにコストがかかっているので仕方ありませんが、継続的に利用するとなると大きな負担になりかねません。

 

仮に1ヶ月毎日1回ずつ飲むとすると、10,000円前後かかってしまうケールもあり、年間で12万円前後の出費を覚悟する必要もあります。

 

■海外産の原材料を使っている酵素ドリンクのメリットとデメリット

 

・価格が安価であるのが最大のメリットである

 

海外産のフルーツを使っている酵素ドリンクも比較的多いです。

 

原材料の価格を抑えられるので、実際の販売価格もかなり抑えられるのが実情です。

 

国内産の原材料を使っているタイプよりも、20%引きから30%引き、それ以上も期待できます。

 

海外タイプは、月あたり5,000円程度で済むものも出ているのです。

 

・農薬を使った原材料が多いのがデメリット

 

海外では大量販売をするために、農薬を確実に使っているケースが多いです。

 

農薬が使われた野菜やフルーツを飲むことになるので、将来的に農薬について気にしなければなりません。

 

国内に入ってくるまで時間がかかるので、その間に劣化している可能性もあります。

 

健康的な問題はなかったとしても、成分が落ち込んでいることも十分に考えられるので注意しましょう。



酵素ドリンクランキング人気の実際の使用レビュー@写真付き↓↓