酵素ドリンクはHOTにして飲んではダメなの?

酵素ドリンクの飲み方には注意しなければなりません。

 

せっかくの酵素も、飲み方一つで意味が無いものにしてしまいかねないのです。

 

こちらでは酵素ドリンクを暖かくして飲んでも良いのか、といった点について注目してみました。

 

もしかしたら、アナタの飲み方は間違っているかもしれないので要チェックですよ。

 

 

 

■酵素ドリンクをHOTにして飲んではいけない!

 

・肝心要の酵素が破壊されてしまう

 

そもそも、酵素は熱に弱い、といった性質を持っているのです。

 

仮に暖かくして飲んでしまうと、酵素が破壊されてしまい、期待したような酵素の摂取ができなくなってしまいます。

 

温かいほうが飲みやすい、といった方もいるかもしれませんが。

 

酵素に関しては温めるのは厳禁です。

 

しっかりと覚えておきましょう。

 

 

・酵素ドリンクを暖かくすると味わいの弊害もある

 

飲み物は温めると風味が強まる、といった特徴があります。

 

酵素の風味はあまり良いものではありませんよね。

 

ツンとした臭がすることもあります。

 

酵素の味わいが苦手な方も実際に多いのです。

 

温めて飲むと味が強調されてしまうので、飲み口といった観点からも温めてしまうのはよくありません。

 

 

 

■酵素はどんな飲み方がおすすめなのか〜ドリンクの温度について〜

 

・常温か冷えた状態がおすすめ

 

そもそも、酵素ドリンクは冷蔵庫で保管することになります。

 

ですから、冷えたまま飲むのがおすすめになります。

 

冬であれば、常温の状態で飲むのもおすすめです。

 

あまりにもキンキンに冷えた状態で飲むと、胃腸の働きを弱めてしまうこともあります。

 

胃腸が冷えてしまうと、全身が冷えてしまうこともあり、ダイエットがしにくい体質になってしまうこともあるのです。

 

一方で、夏で常温の状態で保管するのはあまりおすすめではありません。

 

発酵しているドリンクなので、更に発酵が進んでしまい、保管が難しくなることもあるのです。

 

容器の蓋が飛んでしまうことにもなりかねません。

 

常温保管については、季節によって対応を変えるのがベストです。

 

 

 

■酵素が破壊される温度とは?

 

・48度から70度程度

 

少し差があるので驚くかもしれませんが、酵素は一種類しかないわけではありません。

 

複数の種類があるので、酵素別に破壊される温度が異なるのです。

 

酵素ドリンクを飲んだ後にお茶などをホットで飲んだら、酵素がダメになってしまうのではないか、と思うかもしれません。

 

この点については問題ありません。

 

胃の中で48度を超えることはないからです。

 

ホットドリンクが好きな方は、酵素ドリンクを割る飲み物だけを常温にすれば問題ありませんよ。



酵素ドリンクランキング人気の実際の使用レビュー@写真付き↓↓