プチ断食中に起こる体の変化を徹底調査してみた

ダイエットの一環として、プチ断食といったものが行われるケースが多いです。

 

一定期間、体に栄養素を入れないことになるのですが、果たしてその時に体にはどんな状況が生まれるのでしょう。

 

プチ断食と体の変化の関係性に注目してみました。

 

 

■プチ断食中に起きてしまう寒気

 

・エネルギーが少なくなって寒気がおこってしまう

 

プチ断食に起こりがちなことの一つに寒気、といったものがあります。

 

実は、これは単純な身体のシステムが引き起こしているものです。

 

我々の身体は食品を摂取することで、体内にエネルギーを供給しているわけです。

 

しかし、プチ断食を行ってしまえば、そのエネルギーは供給されなくなります。

 

身体としては、エネルギー不足が起こっているので、代謝を抑える、といったことをしてきます。

 

身体は消費するエネルギーを抑えることになり、結果的に身体が温まりにくくなり、寒気が生じてしまいます。

 

特に、冬場のプチ断食では寒気を大きく感じやすいので、少し厚着をする、なんて対策方法がおすすめですよ。

 

 

■プチ断食中に起きてしまう頭痛

 

・好転反応かもしれない

 

プチ断食中に我々の体質は変わるわけです。

 

その時に、好転反応と呼ばれるものが起きます。

 

身体の機能が良くなる一環として、少し影響が出てしまうのです。

 

その一つが頭痛です。

 

断食をすると、血液が浄化される、といった作用があります。

 

血液中の塩分濃度が低くなることで、血圧が安定します。

 

その血圧の変化が脳内に影響を与え頭痛を発生させてしまうのです。

 

ずっと頭痛が起きているわけではないので、しばらくはゆったりと過ごして痛みが消えていくのをまって下さい。

 

ちなみにあまりに頭痛がひどい場合には、少しだけ塩分を摂取して下さい。

 

痛みが落ち着きますよ。

 

 

■内蔵が休まる

 

・胃腸の負担が少なくなる

 

たくさん毎日食べていると、体の内部には大きな疲労が蓄積されてしまいます。

 

たとえば、胃腸もずっと動いていなければなりませんよね。

 

さらに食べたものなどの毒素を取り除くために、肝臓も活発に動いているわけです。

 

そのうち、疲れがたまって機能が弱ってしまうことも考えられるわけです。

 

そこでプチ断食が有効に働いてくれます。

 

胃腸に一定期間は食品を入れないことになるので、その期間は休まるわけです。

 

体に入ってくる食べ物の量も減れば肝臓も休まります。

 

プチ断食中はアルコールも飲みませんので、肝臓に普段から負担がかかっている人も体調が良くなる、といった反応が現れることもしばしばですよ。



酵素ドリンクランキング人気の実際の使用レビュー@写真付き↓↓