飲み過ぎ食べ過ぎをリセット!48時間が勝負な理由

外食をして飲み過ぎたり食べ過ぎたりしてしまった、そんな経験が日常茶飯事といった方も多いのではなりませんか。

 

その影響で、ダイエットの努力が無駄になってしまうこともあるのです。

 

しかし、飲み過ぎたり食べ過ぎたりしても、まだ諦めることはありません。

 

48時間以内であれば対応できるわけです。

 

こちらでは48時間以内にどうやって対応したら良いのか、謎その対応方法で太らないで済むようになるのか、といったお話をさせてもらいます。

 

 

■48時間の対処法とは?

 

・食べる量を抑えること

 

食べ過ぎた翌日は食事量を減らして下さい。

 

カロリー摂取量を抑える間隔です。

 

特に太る元である糖質の炭水化物の摂取を抑えるのが肝心です。

 

ごはんの量を半分程度に抑えましょう。

 

・飲み物に注意すること

 

食べ過ぎたり飲み過ぎたりした後は、甘い飲み物やアルコールなどは控えて下さい。

 

それらにはカロリーがタップリと含まれており、太る原因になりかねません。

 

飲み物は水で済ませるようにして下さい。

 

 

・運動を積極的に行うこと

 

暴飲暴食した後は、積極的に体を動かしてカロリーを消費するようにして下さい。

 

スポーツジムに行くのも良いですし、いつもよりも長い距離を歩いたりするのも良いです。

 

ひと駅分を余計に歩いたり、エレベーターを使うところを階段で登ったり、なんてことが有効です。

 

ちなみにウォーキングする時は、少し早歩きにするのがおすすめですよ、

 

 

■なぜ48時間の対処が必要になるのか?

 

・食べたものの脂肪化を防げるから

 

暴飲暴食をしたからといって、すぐにそれらが身につくわけではありませんよね。

 

48時間程度掛けてゆっくりと消化吸収されて脂肪になるわけです。

 

ですから、その48時間以内にある程度の対策をしておくと、暴飲暴食の影響を抑えられます。

 

まずは摂取カロリーを抑えることが重要です。

 

抑えられれば、暴飲暴食した時に吸収したカロリーを体はエネルギーとして利用するようになるのです。

 

食べ物だけではなく、飲み物にも48時間は気をつけて下さいね。

 

甘いモノが飲みたくなった時も、グッとこらえて下さい。

 

カラダを動かすことも大事です。

 

摂取してしまったカロリーを消費するためには、カラダを動かすことがとにかく大事になります。

 

しっかりと筋肉を動かして、カロリーを消費できる状態にするのです。

 

食べ過ぎた翌日には必ずジムに行ってカラダを動かす、といったこともおすすめですよ。

 

習慣づけてしまえば、太りにくくなります。



酵素ドリンクランキング人気の実際の使用レビュー@写真付き↓↓