女性必見!酵素ドリンクは自分で作れるものなのか?

多くの女性が酵素ドリンクを利用したい、と思い始めています。

 

美肌効果もありますし、ダイエット効果まで期待されているのです。

 

しかし、酵素ドリンクを買うとなると、安いものではありません。

 

そこで自分で作りたい、と思うわけですよね。

 

こちらでは酵素ドリンクの作り方をお教えします。

 

さらに自分で作ったほうが良いのか、それとも買ったほうが良いのか、といったことをお話させてもらいます。

 

 

■手作り酵素ドリンクの作り方

 

・材料を集めること

 

果物や野菜などを利用することになります。

 

たとえば、ほうれん草を入れたりリンゴを入れたり、といったことをしている人が多いです。

 

皮もそのまま利用することになるので、無農薬のものを選んで利用すべきです。

 

健康になるためのものでも有るので、せっかくの酵素ドリンクで不健康になってしまっては意味がありませんよね。

 

 

・容器について

 

ガラスやプラスチック等で良いです。

 

ただ、容器については透明なものが好ましいです。

 

透明であれば、酵素ドリンクが発酵しているか確かめやすいのです。

 

 

・酵素ドリンクの作成手順

 

酵素ドリンクづくりに利用する材料をしっかりと洗います。

 

この時に、重曹などを使って洗う、といった手法もあります。

 

汚れがしっかりと落ちるのでお勧めですよ。

 

しっかりと洗ったら材料を切ります。

 

野菜や果物ですが、皮がついたままカットして使って下さい。

 

カットは3センチから5センチ程度にすると良いです。

 

まるごと入れてしまうと、発酵に時間がかかってしまうのでカットすべきなのです。

 

砂糖と材料を容器に入れます。

 

分量は材料が1であれば砂糖は1.1といった感じにします。

 

砂糖が多くて気になってしまうかもしれませんが、発酵すると砂糖は分解されるので心配はいりませんよ。

 

あとは発酵を待つことになります。

 

日差しが当たらない場所において下さい。

 

冷蔵庫に入れると発酵が進まないので、常温のところにおくべきです。

 

さらに1日あたり2回程度かき混ぜて空気が当たるようにして下さい。

 

発酵が促されます。

 

材料が浮いて泡が目立ってきたら完成になります。

 

目安としては1週間から2週間程度です。

 

終わったら濾して材料を取り除いて下さい。

 

出来上がったものは冷蔵庫で保管して、適宜飲む、といった感じになります。

 

 

■自分で作ったほうが良いの?売られているものが良いの?

 

・多くの材料を摂取するためには売られているものを利用すべき

 

自分で作る場合には、材料に限りが出てきます。

 

5種類から6種類程度が限度になってしまうかもしれません。

 

そもそも、多くの種類を入れようとすると高額化してしまいます。

 

一方で、市販されている酵素ドリンクは、材料が100種類以上含まれていることもあるのです。

 

よりたくさんの酵素が摂取できる、といったメリットがあります。



酵素ドリンクランキング人気の実際の使用レビュー@写真付き↓↓