同じじゃないの!?酵素と酵母の違いについて

同じような言葉として、「酵素」と「酵母」があるわけです。

 

同じようなものに思っている人もいるかもしれませんが、実は同じものではありません。

 

こちらでは、酵素と酵母の違いについて解説します。

 

自身にとってどちらのほうが必要なのか、といったことを考えるきっかけにしてもらったら幸いです。

 

 

■酵素ってなんだ?

 

・体の機能を支える物質である

 

体内には、代謝酵素と消化酵素があります。

 

摂取した食べ物をスムーズに吸収して、代謝する、といったことに関わっているのです。

 

仮に酵素の働きが弱ってしまうと、せっかくより良い栄養素を摂取したとしても、体にいかせない、といった状況が生まれてしまいかねません。

 

そこで注目して欲しいのが食物酵素なのです。

 

食べ物にも酵素は含まれており、体内に不足してしまった酵素を補うことが出来ます。

 

代謝酵素や消化酵素が減っているな、と思ったら積極的に食物酵素を補給しましょう。

 

しかし、一点大きな問題があります。

 

現代社会の食卓に、あまり酵素が多く含まれているものがないのです。

 

そこで出てきたのが、酵素ドリンク、と呼ばれるものです。

 

発酵させたドリンクであり、酵素が多く含まれているので不足状態に陥っている人におすすめとされています。

 

 

■酵母ってなんだ?

 

・酵母は小さな微生物である

 

酵母とは、非常に小さな生き物です。

 

目で確認することは出来ません。

 

様々なところで生きている微生物であり、体内だけでなく土や水などにもいますし、植物などにもいるわけです。

 

身近な酵母といえばアルコールがあります。

 

アルコールを作るときには発行させる必要があるわけですが、酵母自体に発行する能力があるわけです。

 

有名なのがビール酵母ですよね。

 

ビールを作るときも酵母がしっかりとした働きをしてくることで美味しいビールが出来上がります。

 

また、味噌や醤油、さらにパンを作るときも発酵させているわけですが、その時も酵母が大きな働きをしています。

 

 

■酵母と酵素のどちらを摂取すべきか?

 

・両方とも摂取するべきもの

 

酵母と酵素は非常につながりがあるものなのです。

 

どちらにとってもなくてはならないものであり、発酵するためには欠かせません。

 

両方共摂取して欲しい理由も実際にあります。

 

酵素については体にとって非常に機能的ではあるのですが、熱に弱い、といった特徴があります。

 

さらに酸にも弱く胃酸の影響を受け易いとされているのです。

 

一方の酵母は非常に強い性質を持っているので、しっかりと体に良い働きをもたらしてくれます。

 

両方摂取して、いずれかは必ず体に良い結果を残してくれるようにすべきなのです。



酵素ドリンクランキング人気の実際の使用レビュー@写真付き↓↓