同じく置き換えても体重の減少に違いがあるのはなぜ?

置き換えダイエット法は様々あるわけです。

 

1日あたり1食分を特定のモノに置き換えて摂取カロリーを引き下げる、といったものが置き換えダイエットですが、置き換えに用いるアイテムは様々なのです。

 

・プロテインドリンクダイエット
・酵素ドリンクダイエット
・スムージーダイエット
・リンゴダイエット
・バナナダイエット
・トマトダイエット

 

などなど、いままでに数えきれないほど出てきました。

 

しかし、置き換えダイエットも方法によって体重の減少に大きな違いがあります。

 

それはなぜなのでしょうか。

 

詳しく調べてみることにしました。

 

 

■置き換えたダイエットアイテムのカロリーの違いに注目

 

・中にはカロリーが思ったよりも高いものもある!

 

置き換えたアイテムのカロリーが少なければ少ないほどダイエットは成功しやすい、といった特徴があるわけです。

 

たとえば、50キロカロリーの置き換えアイテムと、200キロカロリーの置き換えアイテムではダイエット効果も全く異なりますよね。

 

ダイエットアイテムのカロリーが低ければ低いほど、体重の減少が大きくなるのは自然なことでもあるのです。

 

カロリーの低いダイエットアイテムですが、たとえば酵素ドリンクがあります。

 

酵素ドリンクもかなりの数があるので、全てがカロリーが低いわけではありませんが、1杯あたり20キロカロリーや30キロカロリーしかないものもあるんですよ。

 

 

■代謝への影響による体重減少の違いに注目

 

・代謝を高められるものは体重が減りやすい

 

ダイエットを成功させるためには、身体の代謝を高める必要があります。

 

代謝が高められると、脂肪が燃焼しやすい状態になります。

 

体重が減りやすい状態となるわけです。

 

しかし、置き換えダイエットの中には、単にカロリーを減らすことだけに注目して、代謝を全く考えていないことがあります。

 

そんなものを利用してしまうと、カロリーの摂取減だけの効果となってしまい、体重の減少速度も遅くなってしまうのです。

 

代謝に注目したダイエットアイテムとしては、酵素ドリンクやプロテインドリンクがあります。

 

酵素は身体の機能を高めることができるので、基礎代謝量が増える傾向もあるのです。

 

プロテインダイエットは筋肉を維持することができるので、筋肉が動くことによる消費量を増大させてくれます。

 

 

■アイテムの摂取量による体重増減の違い

 

・いくらでも食べて良いダイエットあり

 

たとえばリンゴダイエットは、1食をリンゴに置き換えるわけですが、1食あたりいくらでも食べて良い、なんてことが言われることもあるのです。

 

リンゴにだってカロリーがあり、それを消費するためには体を動かさなければなりません。

 

いくらでも食べても良いとされるダイエットで、実際にいくらでも食べてしまうとダイエット効果は薄れてしまいますよ。



酵素ドリンクランキング人気の実際の使用レビュー@写真付き↓↓